「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2014年 01月 09日

The Rose - Bette Midler

The Rose - Bette Midler



Some say love, it is a river
That drowns the tender reed
Some say love, it is a razor
That leaves your soul to bleed
Some say love, it is a hunger
An endless aching need
I say love, it is a flower
And you, its only seed

It's the heart, afraid of breaking
That never learns to dance
It's the dream, afraid of waking
That never takes the chance
It's the one who won't be taken
Who cannot seem to give
And the soul, afraid of dying
That never learns to live

When the night has been too lonely
And the road has been too long
And you think that love is only
For the lucky and the strong
Just remember in the winter
Far beneath the bitter snows
Lies the seed that with the sun's love
In the spring becomes the rose


ザ・ローズ - ベット・ミドラー

愛は川だという人がいる
優しい人を溺れさせると
愛は剃刀だという人がいる
魂から血を流させると
愛は飢えだという人がいる
終わりのない痛みと欲望だと
私は言う 愛は花だと
そしてあなたは まさにその種

傷つくのを恐れる心は
踊ろうとはしない
覚めるのを恐れる夢は
チャンスを掴もうとしない
受け入れられようとしない人は
与えることはできないみたい
死ぬことを恐れる魂は
生きようとはしない

夜がとても孤独で
道がとても長くても
愛はただ
幸運で強い人にしかやってこない様に思えても
忘れないで欲しい
冬の深い雪の下で
種は太陽の愛に包まれて
春には薔薇になる
[PR]

# by hamachang9 | 2014-01-09 01:31 | 対訳 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 08日

Case Of Insanity

前回までのあらすじ
ルースターズのライブを口実に福岡と東京から4人の男が集まった。
7日の最高のライブ、今日の鞍馬山での修行を経て、再び磔磔へやってきた4人。

The Roosters @ 磔磔 2013/10/8

今日も18時前から人だかりができてます。
b0223859_23323455.jpg


昨日は看板になかったサインが。
b0223859_23324257.jpg



今日は花田さん側の2列目をゲット。今日は黒ラベルを飲みながら待ちます。
山で修行して喉かわいとったしな。

定刻少し過ぎに昨日と同じSEが流れる。今日はもったいぶっとるのか少し長め。
1曲目は昨日と同じLittle Red Rooster。からのLeather Boots!
3曲目Rosie、そしてGirl Friendの2曲は今までで一番キマっとった。

右隣の昨日と同じデブ(通称Ag+笑)と戦う小島。
昨日はやらんかったKing Bee。そしてCase Of Insanity。
今日は英語。最後だけ日本語で歌う大江。泣いた。

Case Of Insanity - The Roosters


"When I woke in the morning
Only faces appeared in my mind
You know they say it's only insane
It seems that nothing ever changes
Oh!! I don't care I don't care
'cause now I'm just case of insanity"

またまた今日だけのSad Song。全然良くない。
それからShe Does It Right, ニュールンベルグ、Riding With The Kingと続く。
昨日と同じぐらいヤラれたDo The Boogie!
次の新曲Chocolate & Wineあたりから俺の前におった井上の様子がおかしい。
むむっ!むむむっ!完全に地蔵と化す目の前の井上。

どうしようもない恋の唄は「一人で読書」で萎えた。昨日同様盛り上がらないGo Fuck。
Sad Songと同じぐらい良くないI'm Swayin' In The Air。
井上富雄のベースが半端無かったVenus。浮遊感とはあのことやね。
新型セドリック、恋をしようよで本編は終わるも不完全燃焼。

アンコール一発目はI'm Talking 'bout You。
そして新曲のI Love You。これがいちばん酷かった。本当に酷かった。
近年のライブで一番うまく行ったGet Everything。でもそれだけ。
C.M.C.と気をつけろでライブ終了。うーん。昨日と全然違った。
b0223859_23333100.jpg


磔磔を早々に後にする俺たち4人。みんな言葉少なし。
2月のサンパレスの悪夢が蘇る。

一番修行を嫌がっとった井上が「今日鞍馬行っとって良かったあ」と言う。
やっぱり今日は良くなかったね。いつも4人の意見は一致しているのが凄い。
どんなに凄いバンドでもいい日と悪い日があるんよね。人が何と言おうとね。
やっぱり2009年のサンパレスが凄すぎて俺達はロッキンポ殺しになってしまったんだ。
元気になってコンスタントに活動しよる大江さんも最高やけど、あそこにはほんとの狂気があった。
恋をしようよもC.M.C.もどうしようもない恋の唄もなくても。
みんなで肩を落として京都駅に向かった。

京都駅で汗をふき清潔な服に着替えて、俺は新幹線に向かった。
小島は京都のホテルへ(明日比叡山延暦寺で修行の続きをするらしい)
井上は大阪のホテルへ(明日朝一のピーチエアーで福岡に帰るらしい)
名人は24時前のバスを待つそうだ。俺以外の3人はラーメン食いにいった。
悔しかーっ!でも4人でまたルースターズ見れて(二日間も)本当良かった。
ライブも良かったけど和室にパクイチしたのが一番面白かったね。またやりたい。

銀閣寺と貴船神社が宿題で残りました。また行く口実が出来てちょうど良かった。
次はポール・マッカートニー@福岡ドームで会おう!名人は来んらしいけどね。
b0223859_23363936.jpg
[PR]

# by hamachang9 | 2013-10-08 23:00 | ライブレポート | Trackback | Comments(2)
2013年 10月 08日

草臥れて

"歩いても 歩いても 果てどなく 果てどなく
握り締めた てのひらは 汗ばかり 汗ばかり"

草臥れて - 山口冨士夫
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3761488
何でもYouTubeにあると思ったら大間違いだ!カバーばっかやんか。
ニコニコにも村八分バージョンはなかった。

起きたのは10時ごろ。俺は2番目に起きたはずなのに、2度寝して目覚めたら最後やった。
修学旅行生コジマに至っては朝の大浴場までかましてやがる。許せん。絶対に許せん。

昨日井上と話が盛り上がったストーンズのShake Your Hipsを聴いた。
ギターソロ明けのリズムギターが暴力的で凄いっていう話で。
ドヤ顔でSONYの5000円ぐらいのイヤホン貸したら、逆にオーディオテクニカの凄いの貸された。
そのお値段なんと、35000円!金利・手数料はジャパネットが負担!
「インキャやけん。。」とは井上談。うける。

Shake Your Hips - The Rolling Stones
2分前ぐらいからな!まじ凄いけん。


シャトレープリズン京都をチェックアウトし、四条駅に荷物を置きに行く。
小島は新たなホテルに置きに行った。俺達は駅へ。
途中サンハウスTの人とすれ違う。完全にルースターズ見に来とるやん。

それから今日もコーヒーブルース!三条堺町のイノダへ行かなくちゃ。
井上、名人、浜田
b0223859_23302169.jpg


余談やけど、何か撮る度に、大学生小島が口癖のように
「(画像を)LINEで送って」って言うけん好かん。いや、好き。

南蛮先生と研修中のウェイトレス井上さん
b0223859_23304594.jpg


一人一切れハンバーグサンド。めちゃくちゃうまかった。
b0223859_2331351.jpg


店を出る時南蛮先生に異変が。めちゃくちゃ可愛い店員がおった。
京都小町→小松さんと名づけた。意味不明。
氏曰く、「昨日京都駅で見たバスガイドを超えた。。」
いや確かに可愛かった。絶対性格いいし。

それからみんなで京都で暮らす妄想をした。バイトして、小松さんと付き合うんだ。
烏丸御池から河原町まで、ほとんどの飲食店がバイト募集の張り紙しとるけん安心する~。
通りすがりの本能寺にて小松さんを落とせるよう本気で信長にお願いする南蛮先生。
b0223859_2342565.jpg


名ガイド浜本浜田山の名案内でスムーズに地下を移動。今日は市役所前駅。
今日も蹴上まで地下鉄にのってねじりまんぽ。
b0223859_23425324.jpg


少し紅葉が始まっていた。
b0223859_23434062.jpg


今日は南蛮先生のリクエストで南禅寺に入る
b0223859_23441011.jpg


三門
b0223859_2345375.jpg


南禅寺水路閣 琵琶湖の水がなければ俺たちは何も出来ない。
b0223859_23452425.jpg


b0223859_23452939.jpg


それから平安神宮の方へ歩き、大人気うどん店「山元麺蔵」へ。
b0223859_23463589.jpg


かけうどん
b0223859_2347186.jpg


小さな鶏ささみ天丼
b0223859_23473871.jpg


30分並んだ甲斐があった。かつおだしのパンチがきいたうどん。
しかし博多のコシがないうどんの方が恋しい我々であった。
あー牧のうどん食いてえ。

通りがかりの平安神宮
b0223859_23524719.jpg


平安神宮向かい側の休憩所で休んだ。みんな疲れていた。
神宮丸太町駅を目指しもう少し歩く。

名人がコンビニに行きたいって言うけん我々は河原で休んだ。
iPhoneのミュージックでriverで検索。The DoorsのYes, The River Knowsと、
Jimmy ClifffのMany Rivers To Crossをかけた。

Many Rivers To Cross - Jimmy Cliff


b0223859_23535095.jpg


b0223859_23534828.jpg


煙草を吸い、ちょうど曲が終わる頃に名人が戻ってきた。橋の上で目立つオレンジのTシャツ。
CBGBの。OMFUGって書いてある。Oh My Fucking GodはわかるけどUは何?

神宮丸太町駅でおけいはんに乗った。情報通の俺たちは鞍馬貴船1dayチケットを購入。
出町柳駅で叡山電鉄に乗り換えた。そう、今日は鞍馬で修行の日。
出町柳駅の尖ったホーム。
b0223859_23535442.jpg


車内で18時に磔磔に間に合うにはどうすればいいか綿密に計画を練った。
今日もルースターズを見に行くのだ。帰りの電車の時間も調べた。
開場に間に合うには修行を90分きっかしで終えなければならない。ハード。

途中、大量の幼稚園児と先生が一人乗ってきた。何と叡山電鉄を送迎に使っている。
次の駅で降りる園児をドアの前に連れて行っておいて、駅に着くと手際よく降ろしていく。
駅では保護者が待っている。そしたまた次の駅。何か感動した。井上はずっと寝ていた。

電車に30分揺られると鞍馬に着いた。
b0223859_03180.jpg


ぬん!
b0223859_033717.jpg


天狗のお面を買おうかなー、けど帰りにしようっと。
その時は帰りにはもうここを通らないことに気付かず。

修行開始!
b0223859_21523992.jpg


b0223859_21525542.jpg


b0223859_2153463.jpg


1dayチケットを受付の婆さんに見せると、愛山料200円が100円になった。
持っててよかった1dayチケット。みなさんも鞍馬貴船へお越しの際は是非。
俺たちにケーブルカーに乗るという選択肢はなかった。

まずは火祭りで有名らしい由岐神社。ここはイージーにクリア。
b0223859_21559100.jpg


b0223859_21552489.jpg


b0223859_21554078.jpg


九十九折。ヘアピンカーブが続く。
「近うて遠きもの、くらまのつづらおりといふ道」と清少納言が枕草子に書いたらしい。
b0223859_21561728.jpg



何とかヘアピンをクリアし、どこまで続くんだっていうぐらい階段を登り、鞍馬寺の本殿へ。
昨日からちょっと疲れると「チャー坊が降りてきた」と言って草臥れてを口ずさむ井上と名人。
あるいてえええもおお、あるいてえええもおおおおお。やかましいわ笑 歩け!
b0223859_224277.jpg


b0223859_2274655.jpg


冬柏亭。元は杉並にあった与謝野晶子の書斎を移築したらしい。ここから奥の院へ。
b0223859_228144.jpg


ここからが信じられんぐらいハードやった。まだ上り?っていうのがずーっと続きます。
熊は出るらしいし、いろいろ結界ははられとるし。
義経が休憩したという息つぎの水を飲んだ。昨日から義経が呼んでいる気がしてならん。

今回のメインテーマ、修行にふさわしい場所にやっと着いた。
修行する中学生円山こと南蛮よしお大先生。初めて作ったアニメgifがこれとか。くそーっ!
エクサイトブログが画像の容量を500KB以下にしろっていうけん1時間かかったぜえふざけろ。
b0223859_22453396.gif


いやー本当に疲れた。高尾山にフル装備で登る人たちを罵りたいぐらい疲れた。
やっと着きました、魔王殿。鞍馬寺の本尊は尊天。毘沙門天、千手観音、魔王尊。
b0223859_22503065.jpg


やっと道も下りになった。しかし時間がない。俺達は急いだ。
貴船方面を目指す。下りの方が勾配が急でハードやった。

下山して俺達に残された時間は約20分。貴船神社は諦めるしかないな。
Mysoftbankは圏外だったので小島ドコモギャラクシースペシャルでレッツ地図検索。
貴船口駅まで、2km。。普通に歩けば30分かかる。絶望だ。
しかし俺たちは何としても17:01の電車に乗らなければならない。

とりあえず山の中で我慢していた煙草を吸った。そして歩いた。
全力で歩いた。修行の疲れも忘れて全力で。貴船川の流れるごぉーという音を聴きながら。

貴船川
b0223859_225823.jpg


あれ、アスファルトってめっちゃ歩きやすくない?イージーです!
4人でアスファルトを発明した人と長渕剛のとんぼに感謝した。
時計と闘いながらもう諦めかけたとき、貴船口駅らしきものが見えた。俺たちは走った。
ガチンコファイトクラブやったらここで「どうなってしまうのかーっ!」ってCM入るね。

何とか間に合った!駅に着いて1分後に電車が来た。
無事17:01の電車に乗って、またまた出町柳で乗り換えた。
おけいはん祇園四条駅まで。1dayチケットの範囲外やったのも想定の範囲内だぜ。
17:38、祇園四条着。昨日のラーメン屋といい、いつもギリギリな俺たちFour Punks。
こんなときでも写真を撮る余裕は持っていたい。夕方の四条大橋より。
b0223859_2381998.jpg


この旅2回目のGoogle Maps経路検索。昨日は御所の中をショートカットしろと言われた。
今日は河原町阪急の中をショートカットしろ言われた。容赦ねえな。
そんなこんなで、無事17時55分に磔磔に着きました(5分前行動)
[PR]

# by hamachang9 | 2013-10-08 17:55 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 07日

覚めぬ夢、陽炎

ルースターズ一日目終わり。
b0223859_23193718.jpg



ルースターズで完全にノックアウトされた俺たちはとりあえずホテルに戻った。
みんなお腹いっぱいだったので小島くんはしょうがなくFRESCOでかったお弁当を食べた。
大浴場に行くしかない!ライブでビショビショになったシャツを洗濯しつつ風呂へ。
大浴場きもちいーっ!洗って浸って5分後にDQNが約5人乱入してきた。
しかも一人はワキガ。しょうがなく大浴場を出た。

小島aka南蛮先生が綿棒で耳掃除しよるの見て真似した。気持ちいい。
併設のコインランドリー、洗濯終わったけど乾燥機が空いてない!
とりあえず部屋に戻った。俺達は話し合って、御所を攻めに行くことにした。
誰が何通りを攻めるかを決めた。
こんなこともあろうかと、信長の野望将星録のサントラをiPhoneに入れてきた。

覚めぬ夢、陽炎 - 信長の野望 将星録


これをかけながら蛤御門を目指すと完全に盛り上がってきた。
そして御所を攻めた。長州藩の鉄砲の跡も見た。
砂利道は不思議な歩き心地がする。ええ石使っとるしな。
b0223859_23183368.jpg



Yoshitaka London Callingは何と夜の◯ッキンガム宮殿を攻めたことがあるらしい。
ピストルズのGod Save The Queenを歌って騒いでたら"Shut up!!!"って怒られたって笑

閉店ギリギリで入った魁力屋でラーメンを食べてホテルに戻る。
めちゃくちゃうまかった。
b0223859_2319319.jpg



真っ直ぐ歩くとうんざりするので、ジグとザグをうまく使い分けた。
ホテルに戻って4人で飲んだ。話すことはたくさんある。

・自分が想像した29歳と今
・結婚生活について
・大学生活について
・魔法のキノコについて
・フェイスブックについて
・京都の可愛い女の子について
・俺が昨日今日25キロ歩いた件について
・秋のGI戦線について
・誰が乾燥機に洗濯物を入れに行くか
・明日の修行について

文豪
b0223859_23214880.jpg



DQN
b0223859_23224349.jpg



疲れた南蛮人
b0223859_23232448.jpg



艶付け井上
b0223859_23235565.jpg



最早禁煙ルームなど俺たちには関係なかった。
フェイスブックを見ながらにやにやする人。
b0223859_23244033.jpg



いつの間にか寝ていた。まくら投げはしなかった。
[PR]

# by hamachang9 | 2013-10-07 23:26 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 07日

One More Kiss

The Roosters @ 磔磔 2013/10/7

夕方ホテルを出発した。俺たちがルースターズを見るのは何回目やろう。

2008年、俺と小島が初めて4人の演奏を見た池畑50歳祭り。
http://thedays.seesaa.net/article/108305918.html

その次の日、バイクで東京まで帰った。京都に寄って。
http://thedays.seesaa.net/article/108644338.html

2009年8月、ひどかったTokyo Night Show@恵比寿Liquid Room
http://thedays.seesaa.net/article/367004544.html

同月、京都へツアーに。俺とお前と蛤御門 by 小島
http://thedays.seesaa.net/article/126008534.html

2009年12月、ルースターズと同じ日に同じステージに
http://thedays.seesaa.net/article/136906499.html

同最前列で見た井上 BREAK LOOSE 2009 by 井上
http://thedays.seesaa.net/article/137597221.html

昼から客席で見た高橋名人
http://franticjapyoshi.seesaa.net/article/137504491.html

今年2月のサンパレスのルースターズは、満場一致でなかったことにしている。
あんなにひどいライブは見たことがないからな。いくらルースターズでも酷い日は酷い。
今日がそんな日のDVD発売イベントってことは知っているが、磔磔で見れるとは。
井上以外初めての磔磔。

b0223859_22304679.jpg


b0223859_22305998.jpg



またまた三条堺町のイノダコーヒを通り、歩いて磔磔へ。
18時ちょっと前につくともう人だかりができていた。
b0223859_22322613.jpg


b0223859_22324181.jpg


b0223859_22325498.jpg



看板の元ネタはこれやね。Moanin' In The Moonlight - Howlin' Wolf
b0223859_22334765.jpg



真ん中右寄り2列目のポジションをゲットしハイネケンを飲みながら待つ。
Ry CooderのStand By Meとかが流れていていい感じ。


定刻少し過ぎにSEが流れる。
バロック風の何かのあと、今回のライブのタイトルでもある「禁じられた遊び」が流れた。
ホテルで1曲目は何か予想して遊びよったんやけど、南蛮人の言ったとおりになった。

Little Red Roosterで始まった。ものすごいグルーヴ。
2曲目は何かわからんやったんやけど後で聞いたらRiding With The Kingやった。
そして3曲目、「おいでやす!」と大江が言う。早速Case Of Insanity!ほぼ全部日本語。
花田にボーカルをチェンジしShe Does It Right。そしてRosie!

次は新曲Chocolate & Wine。2月に聴いたときは全然良くなかったけど今日はグルーヴが違う!
両隣をデブに挟まれて汗臭かった。でも負けてらんねぇ。
Leather Boots、Venusと続いてOne More Kiss!涙が出てきた。

"おいら今までいろいろと 悲しいこともあったけど
今度ばかりはたまらないぜ あの娘がおいらを残してどこかへ消えてった"

連続でまさかのどうしようもない恋の唄。涙が止まらない。
2月のサンパレスのときと違ってまじめに歌っている笑
ニュールンベルグ、セドリックと続いてDo The Boogie。
ギターソロの絡みが半端無かった。

そこから怒涛の恋をしようよ、C'mon Everybody、C.M.Cと続いて本編終了。
マジで酸欠やった。今までどの会場で見た4人の演奏より興奮した。

アンコール一発目はこれまたまさかのGo Fuck!誰も盛り上がってなかったけど笑
Tequila、Let's Rock、Mona、気をつけろとあっという間の1時間半でした。

b0223859_2240298.jpg
[PR]

# by hamachang9 | 2013-10-07 22:00 | ライブレポート | Trackback | Comments(0)