2014年 04月 16日

Etta James - All I Could Do Was Cry

Etta James - All I Could Do Was Cry



I heard church bells ringing
I heard a choir singing
I saw my love walk down the aisle
On her finger, he placed a ring

I saw them holding hands
She was standing there with my man
I heard them promise "'Til death do us part"
Each word was a pain in my heart

All I could do, all I could do was cry
All I could do was cry
I was losing the man that I love
And all I could do was cry

And now the wedding is over
Rice, rice has been thrown over their heads
For them life has just begun
But mine is ending

All, all I could do, all I could do was cry
All I could do was cry
I was losing the man that I love
And all I could do was cry


エタ・ジェイムズ - オール・アイ・クッド・ドゥ・ワズ・クライ

教会の鐘が
コーラス隊の歌声が聞こえる
私の愛する人が歩いてきて
彼女に指輪をはめた

手を握り合い
彼女は私の男と立っている
「死が二人を分かつまで…」 彼らは誓う
言葉の一つ一つが心に突き刺さった

泣くしかない、泣くことしかできない
私にできるのはただ泣くことだけ
私は愛する人を失おうとしている
ただ泣くことしかできなかった

式が終わり
ライスシャワーが降り注ぐ
彼らの人生は始まったばかり
だけど私のは終わろうとしていた

泣くしかない、泣くことしかできない
私にできるのはただ泣くことだけ
私は愛する人を失おうとしている
ただ泣くことしかできなかった

Beyonce as Etta James - All I Could Do Was Cry "Cadillac Records"

■  [PR]

# by hamachang9 | 2014-04-16 02:52 | 対訳 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 01日

Long Distance Call - Muddy Waters

Long Distance Call - Muddy Waters



You say you love me darlin'
Please, call me on the phone sometime
You say you love me darlin'
Please, call me on the phone sometime
When I hear your voice
You ease my worried mind

One of these days
I'm gonna show you how nice a man can be
One of these days
I'm gonna show you just how nice a man can be
I'm gonna buy you a brand new Cadillac
If you only speak some good words about me

Hear my phone ringing
Sound like a long distance call
Hear my phone keep ringing
Sound like a long distance call
When I picked up my receiver
The party said "Another mule kickin' in your stall"


長距離電話 - マディ・ウォーターズ

愛してるって言うなら
たまには電話をくれよ
愛してるって言うなら
たまには電話をくれよ
お前の声を聞くと
落ち着くからさ

そのうち
俺がこの上なくいい男だってわからせてやるよ
そのうち
俺がこの上なくいい男だってわからせてやるよ
キャデラックの新車を買ってやるぜ
良い言葉だけをささやいてくれたらな

電話が鳴ってる
長距離電話っぽい音を立て
電話が鳴ってる
長距離電話っぽい音を立て
受話器をとった
相手が言うことには "あの女、他の男と寝てやがるぜ"
■  [PR]

# by hamachang9 | 2014-04-01 02:18 | 対訳 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 26日

Doom And Gloom - The Rolling Stones

"I had a dream last night that I was piloting a plane
And all the passengers were drunk and insane
I crash landed in a Louisiana swamp
Shot up a horde of zombies, but I come out on top"

「昨日飛行機を操縦している夢を見た
 乗客はみんな酔っぱらいの気違いで
 ルイジアナの沼地に不時着さ
 ゾンビの大群に乱射して なんとか勝った」

Doom And Gloom - The Rolling Stones



というわけで前回の続き。
30分押し19時過ぎに開演。こないだ先輩が福岡に来て飲んだときから1曲目予想していた。
Jumpin' Jack FlashかBrown Sugarか、最近多いStart Me Upと思っていた。
しかし始まったのはGet Off Of My Cloud!うおー。意表を突かれた。
一昨年の年末WOWOWでやったニューアークのライブと同じやね。

2曲目はIt's Only Rock 'n Roll。イントロからヘロヘロのキース。うーん。
それからTumbling Diceと続いて、あのイントロが流れてくる。Wild Horses!
まさか聴けると思ってなかったけん。。本当に美しかった。
サビでコーラスするキース。音が取れないのかアタマで不安そうにコーラス隊の二人を見ている笑

スピーカーの目の前やけん音が回らんくていい感じ。ドームも前の方ならちゃんと聴けるね。
ミック・ジャガーは元気。もっと歌おうぜ!と始まったEmotional Rescue。
そして唯一の新曲Doom And Gloom。カッコよくて好きな曲なんやけど完全に破綻しとった笑
どの曲もそうやけど終わりが適当すぎ。あとミックはギター弾かん方がいいと思うな。

ネット投票やりよったリクエスト曲、Bitch。ホントに投票数で決めよるとは思えん笑
ちなみに俺はAll Down The Lineが良かった。お次はHonky Tonk Women。

キースコーナーに入る。ゲストのミック・テイラーが出てきた。
開演前先輩たちと奴がクソデブになってしまったという話をしていた笑
そして何故かプロレスの話になり、ミック・テイラー=大仁田ということになってしまった。
ミック・ジャガーに「またぐなよ」って言われているという設定で笑 大仁田劇場。

曲はSlipping Away。なぜこの曲でミック・テイラーが?笑
あと1曲はBefore They Make Me Run。Happyじゃなくて良かった。
Connectionが一番好きで聴きたかったけどね。
ギターは弾けんけど、声はなかなか出ていたキース。

ミック・ジャガーが戻ってきて、テイラーもまた出てきて、Midnight Ramblerが始まった。
前半はひどかったけど後半は本当に凄くて、70年代にタイムスリップしたかのようやった。
ミック・ジャガーは花道が似合う。すごいよマサルさんみたいなポーズをキメよったけど笑
テイラーは全体的にあんまり弾けてなかったけんたぶん酔っ払っとったと思う笑

それからMiss You。キースのイントロが少し良かったPaint It, Black。
今日のキースは終始ほとんど動かんくて、手も震えよった。特に右手。
時差ボケなのか、具合が悪いのか、キマってるのか、禁断症状なのか、酔っ払っているのか、シラフなのか、
いろんな原因を想像できるのがキースらしいよね笑
身体が自分の思い通りになってないのが痛い程伝わってくる。もう本当に今回が最後かもしれんね。
帰ってきていろいろ見たらリウマチももっとるらしいね。あと今日は下痢やった説もあるらしい。

ロン・ウッドはずっとキースを気にかけとって、何度も自分のパートを捨ててキースパートを支えよった。
元気やったし。あんまり良いと思ったことなかったけど大好きになった。

チャーリー・ワッツも歩くときはヨロヨロしよったけど、ドラム叩くときはしゃんとしとった。
右手で斜めからスネアを叩くときの音が本当に良かった。

Gimme Shelter。イントロをまともに弾けないキース笑
ミック・ジャガーとリサ・フィッシャーが花道で歌うとこが圧巻やった。
アリーナAの端っこやと斜め後ろから見ることになるんやけど、スポットライトが本当に綺麗で。

Start Me Up、Brown Sugar、Jumpin' Jack Flashといつもの怒涛の流れ。
キースのギターもやっぱりたまに神がかるときがあって、ぶわーって鳥肌たつぐらい。
あんな音誰にも出せんよ。頭をかち割られるような音。
コード一発で脳天を叩き割れるのはキース・リチャーズと鮎川誠だけ。

Sympathy For The Devilで本編終了。最近の黒いマントじゃなくて赤いマントのミック・ジャガー。
ソロはアレやったけど、サビのジャジャジャーンのキースの音!!!すげー!!

今日ずっと思いよったことやけど、ミック・ジャガーは宇宙人みたいやった。
違う星から来たんやないかって思うぐらい。そして本物のプロフェッショナルやった。
ポール・マッカートニーもそうやったけど、ミックも同じかそれ以上芸人魂とビジネスマン魂を持っとる。

アンコールは洗足なんとかのコーラス隊が出てきてYou Can't Always Get What You Want。
コーラス隊あんまり良くなかったけど、Can'tをちゃんとカントって発音しとったのが好感を持てた笑
ラストは8年越しの(I Can't Get No) Satisfaction!キースのイントロでぶっ飛んだ。
なぜかミック・テイラーがアコギを弾いていた笑 最後の曲の終わり方までグズグズのストーンズでした。

次があるかないかはわからんけど、まだまともに見れるのは今回が最後なんやないかと思う。
少しでも見たいなら絶対どうにかして3月4日と6日行ったほうがいいよ。
元気なキースが見れるかもしれんしね。

50年後ストーンズがデビューして100周年のときに、俺はストーンズを見たぜ!って言うよ。
ロックンロールの、ブルースの素晴らしさを教えてくれてありがとう。


The Rolling Stones 14 On Fire Japan Tour @ Tokyo Dome 2/26

Get Off Of My Cloud
It's Only Rock 'n Roll (But I Like It)
Tumbling Dice
Wild Horses
Emotional Rescue
Doom And Gloom
Bitch (fan vote)
Honky Tonk Women
Slipping Away (Keith) (with Mick Taylor)
Before They Make Me Run (Keith)
Midnight Rambler (with Mick Taylor)
Miss You
Paint It Black
Gimme Shelter
Start Me Up
Brown Sugar
Jumping Jack Flash
Sympathy For The Devil

-Encore-
You Can't Always Get What You Want
(I Can't Get No) Satisfaction (with Mick Taylor)

東京滞在はわずか16時間でした。

■  [PR]

# by hamachang9 | 2014-02-26 21:00 | ライブレポート | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 26日

It's Only Rock 'n Roll - The Rolling Stones

"I know, it's only rock 'n roll but I like it"
たかがロックンロール、でもそいつが好きなんだ

It's Only Rock 'n Roll - The Rolling Stones "Love You Live"



ローリング・ストーンズを見に1月ぶりの東京旅行。
雨の中福岡空港まで。東京は晴れらしいけん傘は空港に捨てた。
スカイマークはいつも通り15分遅れるらしい。離陸待ちでさらに遅れた。
結局羽田についたのは定刻の35分遅れ。

京急、山手線と乗り継いで高田馬場へ。べんべんべんべんべんべん。
店に着いたのは15時ちょい過ぎ。あれ、閉まっとる!
16時までじゃなくて15時までになっとる。。。。スカイマーク35分遅れ(╬´◓ω◔`╬)




ひさびさにブチ切れそうになる心を鎮めながら馬場歩きして早稲田へ。
思い出の3号館が建てかわりよって相変わらずの当局のセンスのなさにへこんだ。




大隈講堂で一服。




メルシーでラーメン食べた。安定のうまさ。




それからマックでiPhoneを充電した。全席禁煙になっとった。
御茶ノ水に向かった。某中古楽器屋で働く友達の直也に3月4日のチケットを譲った。
週末に福岡で用事ができたけん諦めた。見るの1回で良い予感がしたし。
最初は詐欺師Yoshitakaに売りつけようと思ったんやけどダメやった笑

直也にチケットをあげようと思ったのは、前回のストーンズ来日の思い出があったけん。
8年前、大学3年生になったばっかりのとき。二人ともめちゃくちゃな生活をしとった。
今はバリバリ社員の彼も、当時は住所不定無職をしとった笑
職務質問されて「君ベース持ってるから職業ベーシストにしとくね」とかいろんな伝説がある笑

8年前、チケットを持ってなかった俺たちはダフ屋目当てに東京ドームに向かった。
早稲田から飯田橋まで東西線で行って、雨の中徒歩でドームを目指したけど迷子になった。
結局タクシーに乗ったんやなかったかな笑

着いたらもう開演しとって、ダフ屋なんか一人もおらんかった。
しょうがなく二人でドームの周りをぐるぐる回った。音漏れを聴きながら。
途中チラッとヴィジョンが見えたのを良く覚えとる。ミックとキースが見えた。
それを将来子どもとか孫ができたら絶対自慢しようなんつって。
そうこうしよるうちにサティスファクションが流れてきて、ああもう終わると思った。
これが本当のI can't get no satisfaction!って二人で言ったよ笑

そういうことをふと思い出して、直也にチケットをあげることにした。
あいつが楽器屋で働きはじめてからおごってもらった酒代を考えると安いもんよ。

開演時間も近づいてきたのでグランドキリンを飲みながら歩いてドームに向かった。




今回はパイセンのおかげでまさかのアリーナAブロック6列目という席がとれた。
去年ポール3回行って、全部スタンドやったけん嬉しかった。
着いた。左端のほうやったけどマジで近いぞこれは。







ライブに行くのも出るのも慣れすぎて、いつからか開演ギリギリにしか行かんようになった。
そして開演までの時間、暗転するのをドキドキして待つこともなくなった。
しかし!!!目の前に俺の中学時代からのロックスター降谷建志が座っている!!!!!!!
こんなんアリかよ。死ぬかと思った。MEGUMIはちかっぱ可愛いしよお。
先輩たちに買ってきた博多土産「めんべい」をおすそ分けして、握手して写真とってもらいたかったけどチキった笑

長くなったけんライブレポートは次の記事で書きます。
■  [PR]

# by hamachang9 | 2014-02-26 18:30 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 17日

Black Saturday - Mando Diao

Black Saturday - Mando Diao "Aelita"






"A lot of people ask us if we're going back to "the old Mando Diao sound" on the new record.
There is no Mando Diao sound. We're constantly evolving, and the music evolves with us.
None of our albums sound the same as the last one, and this upcoming one is not an exception.
We're always looking for new dimensions and we found yet another one with Aelita."

Gustaf Norén


「たくさんの人達が新作は"昔のマンドゥ・ディアオのサウンド"に戻ったのかって聞いてくるんだ。
今回もそうじゃない。俺たちは進化し続けていて、音楽も俺たちとともに進化するんだ。
どのアルバムも前作と同じサウンドだったことはない。
今回も例外じゃない。俺たちはいつも新しい面を探してて、今作の"Aelita"でもそれを見つけたのさ。」

グスタフ・ノリアン

Aelita is coming!!

■  [PR]

# by hamachang9 | 2014-02-17 17:51 | Trackback | Comments(0)


< 前のページ      次のページ >